C&S技術統括部の日記

株式会社テリロジー コンサルティング&ソリューション技術統括部です

400か500か

日記をこちらのブログに引っ越しました。

 

これまで1000文字100記事を目標に日記で嵩を稼いでいましたが、これにより記事が激減。技術の記事もちゃんと書かないといけません。

 

で、最近の悩み。

 

写真は400グラムのウェルダンと500グラムのハンバーグです。

いつもどちらを選ぶか迷うのです。

うわっ、くだらない悩み...。

 

無性に肉が食べたくなった時に行く、ビリーザキッド。都内に何店舗もありますが、市ヶ谷、曙橋、蒲田、両国、隅田、錦糸町、他にも何店舗か行ったことがあります。夜中に行くと、そりゃ色々な人がいて面白い。

 

私が働くIT業界の人もまあ、いるんでしょう。そもそも、このお店は昔、勤めていた会社の仲間に紹介されたお店で、いまでも勉強会のあとや、座談会のあとに業界の仲間と情報交換がてら食事をすることもあります。

 

f:id:terilogy-tech:20190924030151j:plain

f:id:terilogy-tech:20190924030202j:plain

 

うちのメンバーにはライスのおかわりをもらいに、厨房まで入っていった猛者がいますし、このステーキとハンバーグを2つ頼んだ男も...。厨房まで行って、ライスください、と言ったとき、隣のテーブルは超イケメンのホストさんたちの新人歓迎会と思われる集いをやっていたのですが、皆、Yくんを驚いた目で見ていました...。

 

遠い昔、テキサスの企業に勤めていたとき、あまりに日本人の同僚の食の細さに、日本人が弱いと思われたら困る、と思い、1.2キロを食べて見せたことがあります。まあ、それが仕事に活きたか、と言えばわかりませんが、顔と名前を憶えてもらうことはできたかと 笑。ちなみに、私の胃の容量の限界は若い頃で2キロ、いまだとたぶん1.0キロくらいじゃないかと。

 

いや、神保町の豚大学1キロは簡単だったからもう少し行けるかもwww

 

この間はラーメンを食べて、タピオカ豆花とタピオカ―ミルクティーを食べたあとに、ここに誘われて500グラムのハンバーグを食いましたが、まあ、少し時間が空けば余裕ですね。やはり、労働集約、肉体労働的な側面が残っている担当なので、体力は大事、そして食も大事なのです(やや強引)。

 

って、フードファイトの話をしてもしゃーないんですが、まあ、たまには技術部もどこかお店を予約して、歓談くらいやれたらな~、って思いますが、幹事を進んでやるタイプがいるわけでもなく、若い人に幹事をお願いするのも悪いかな、と遠慮してしまう今日この頃というか、5年くらい。

 

ちょっと体を痛めて業界の勉強会だの集いから遠ざかっているので、もうちょっと外に出ないといけないな、と思いつつ、ついついヒキコモリをしている間に夏は終わりました。下期はもうちょっとよい気分で働ければ、と思います。

 

このビリーザキッドも何年後かによい思い出になるんだろう。

 

まさに駄日記...終わり。