C&S技術統括部の日記

株式会社テリロジー コンサルティング&ソリューション技術統括部です

簡単サバ大根(GWの暇つぶし)

一昨日はサバ缶と大根で煮物を作りました。

非常に簡単でなかなか美味しいのでおすすめです。

 

f:id:terilogy-tech:20190505223902j:plain

 

ちなみにこのレシピは大手通信事業者でソフトウェアの研究をされていた尊敬する大大大先輩の真似でございます。美味しいお店や料理をSNSで紹介されていて、いつも参考にさせていただいてます。ちなみに細かい調理法は自己流です。

 

料理はよくプロジェクトマネジメントに例えられますが(これいつも書いている気が...)、制限や制約などがある中で時間内に目標を達成することを大筋に、都度、起きた事象を冷静に分析して、時に方向転換をする、いや、まあ、固いことは抜きに、調理に没頭するのはとても楽しいですし、人に食べてもらって美味しいと言われれば嬉しいですし、そんなところです。

 

昔は生き伸びるために料理をやっていましたが(職業ではなく自炊)、今は愉しみのため、と目的は変わりました。そして、このゴールデンウィークは暇つぶしといいますか、家にいる理由づくりといいますか...苦笑。

 

お出掛けは混雑必至、どこに行っても祝日料金、奥様は亭主が家に居座る難儀。こういうご家庭も多いのでは。共稼ぎで奥様だけ仕事で(ウチはそれ)、亭主だけダラダラ、これみよがしに「ハァ~」とか溜息つかれちゃうと、もう生きた心地がしません。

 

っ~ことで、10連休は長いな、と思ってましたが、あと一日で長い休みも終わりです。

 

積ん読は少し解消しましたし(休み前の意気込みからは程遠いのですが...)、ひとりになって考えたかった仕事(目標管理とか学習計画など)は少し捗りましたが、全体の達成度は満足するレベルから程遠く、自分に腹が立つというか、なんというか、ストレスを感じています。

 

自分の場合、ワーク・アズ・ライフなので、仕事と私生活は連動していて、切り離せません。仕事の不調は私生活でも引き摺ります。なので、このイライラを解消するには仕事を片づけるしかないわけです。

 

コンテキストスイッチ一発でパチーンと仕事とプライベートを切り替えられる人を羨ましいと思う反面、心血注げる仕事に就けた自分の人生もまんざら悪くないなと思っていますが...今日は自分のふがいなさに滅茶苦茶イライラしてます 笑。

 

さて、サバに戻りますか。

 

■材料

大根          2/3本
サバ缶(水煮)     2巻
生姜          薄切り5~6枚
小葱          適量
酒(調理酒ではない)  適量(大さじ4~5くらい)自分はドボドボ...
みりん         適量(大さじ4~5くらい)

だしパック
ザラメ         適量
醤油          適量(大さじ4~5くらい)
めんつゆの素      適量

 

■作り方

1. 大根を輪切りにして皮をむく
・大根の皮は煮ると苦いので厚目にむくとよい

2. 大根を大きめの耐熱容器にいれてレンジで熱する
・下茹での代わりです
・900ワットのレンジで計7分ほどやりました
・結構、水がでますが、これで味が染みこみやすくなります

3. 鍋に水をいれ、だしパックをいれて沸騰させます
・沸騰後10分くらいまで入れておきました
成城石井のちょい高いやつを使いました
 ・かつお、宗田がつお、こんぶ、さば、いわし、しいたけが入ってます

4. ザラメをいれて溶かします

5. 酒を入れ、みりんを入れて沸騰させながらアルコールを飛ばします

6. 醤油とめんつゆを入れます
・めんつゆは目に止まったのでいれただけです 笑

7. 煮汁の味を見ます
・あまり濃いと塩辛い煮物ができるので注意
・少し薄いかな、くらいが自分の場合、よい感じになります
 ・煮詰まるのもありますし、自分は濃い目に作る癖があるので...

8. 大根を投入し、落し蓋をして煮ます
・大根と煮汁の温度は近いほうが味が染みる気がします
 ・レンジで熱したので熱々の状態で入れました
・落し蓋はリードクッキングペーパーに穴をあけて代用しました

9. 中-弱火で煮ます
・たぶん1時間くらい煮ました

10. サバ缶を開けて、中身を崩れないよう鍋に加えます
・今回、缶詰の汁は入れませんでした
・ネットには入れるレシピもあるようですが汁が濁りますので...

11. 薄く切った生姜を5、6枚入れます

12. ある程度、煮たら火を落として一晩おきます
・味を染みこませ、落ち着かせるためです

 

f:id:terilogy-tech:20190505225213j:plain

f:id:terilogy-tech:20190505225053j:plain


と、まあこんな感じですが、大根の皮の有効利用についても書いておきます。今回は皮を浅漬けにしました。

 

1. 大根の皮を細長く刻みます

2. ボウルに入れ、塩を振り、よく混ぜて15分ほど置きます

3. 手で強めによく揉みます
・水分を出すことで皮の持つ、青臭さを追い出すためです
・しっかり水を切ってください

4. 生姜を細く刻みます(大根と同じくらい)
・針生姜まではやってません

5. きゅうりを輪切りにします

6. 大根の皮、生姜、きゅうりをビニール袋に入れて、浅漬けの素を入れます

7. 一味唐辛子と練りわざびを少量入れます

8. ビニールをよく揉みます

9. 一時間ほど置いて、水分を切ります

 

f:id:terilogy-tech:20190505224625j:plain

f:id:terilogy-tech:20190505224634j:plain

f:id:terilogy-tech:20190505224641j:plain


非常に簡単なんですが、なかなか美味しい和食テイストなものが作れます。サバ缶は味もついていますし、骨もなく(柔らかくなってるのかな)食べやすいですし、栄養価も高いみたいなので、優秀な食材ですよね。

 

f:id:terilogy-tech:20190505224902j:plain

 

肝心な写真がピンボケ気味ですがwww

 

ということでお付き合いありがとうございました。