C&S技術統括部の日記

株式会社テリロジー コンサルティング&ソリューション技術統括部です

新年のご挨拶

謹賀新年

 

皆様、お元気で良き新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
本年も皆様のご要望にお応えし、一層社業に精励いたす決意です。
何卒変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 

平成三十一年
株式会社テリロジー
コンサルティング&ソリューション技術統括部一同

 

以下、チラシの裏みたいなものです・・・。

 

元旦に記事をアップしようと思っていましたが、体調が優れずここまで来てしまいました。まだ気管支がゼイゼイいっています。 

 

猛暑の夏が過ぎていつまでも暖冬、と思っていたら、年末に突如寒波が来て、あっと言う間に年が明けました。正月の車の外気温計は1度、風はなく、穏やかな元旦だったと思います。

 

私と言えば、仕事納めの前日に突然、悪寒に襲われ、発熱。インフルエンザではありませんでしたが、仕事納めは会社を休んでしまいました。薬が効いたのか、熱は2日くらいで落ち着いたのですが、体のだるさと咳が止まらず、もう大丈夫かと動いてみれば調子が悪くなるという、これまでにない感覚。自分も所詮は体力が落ちた中年なのかと深く落ち込みました。いまの本調子にありません。

 

気持ちのうえではメイウェザーに勝てるんですが。

 

昨年という年は何だったか、と振り返ると、アメリカのトランプ大統領は、ほぼ毎日世界中を驚かせ、彼は病気だという精神科医がいるあり様。11月になってからはゴーン元会長の周辺からボロボロと問題が明らかにされ、金商法だけでなく忠実義務とかコンプライアンスなどの言葉が虚しく響きわたりました。

 

そして平成という時代が終わろうとしています。平成が始まった当時、中国と九州のGDPが同程度であったとテレビで見ましたが、現在、中国のGDPは日本の250%。平成とは中国が超大国への道を歩んだ時代でもあったわけです。さて、次の時代の日本はどうなるのか。東京オリンピックを前に心躍る感覚がないのは、日本という国がダイナミックに動いているという感覚がないからなのか、それとも自分の体調が悪いせいなのか・・・。

 

私の平成三十年は、小さなことはともかくとして、何事も起こらず、そして何事も成就できずにオサラバとなった気がします。一昨年の仕事納めには、渋谷のバーでY君と朝まで脆弱性対策のビジネスについて、怪しい煙を楽しみながら話込み、始発の電車で、その勢いのまま早起きのМ副社長とチャットをした記憶がありますが、C&S技術統括部が立てた事業計画は承認されたものの、結局、営業部門との足並みが揃わず、大きな成果どころか上半期は大ブレーキとなってしまいました。

 

何事も成就できなかったのは、自分自身の力不足を反省すべきです。皆、与えられた環境でよく頑張っていると思いますが、自分の頑張りはこのビジネスにおいては完全に虚しく終わりました。野球でいうならば、打席に立つこともできなかった、そういった感覚です。まあ、どういった意図が働いていたのかわかりませんけど、非常に残念な結果でした。正直、ふざけんな、ですな。

 

失敗は失敗として、反省や後悔の念を強く感じる毎日ですが、同時にこのテリロジーという会社の技術部門を改革しないと、この先、ズルズルと落ちていくぞ、なんとかしなければいけない、そんな気持ちが私の中でさらに強くなるわけです。昨年と同じようなことには絶対にしたくない、と。企業全体の文化はどうですかね、自分は変わらないと思います。ある意味、創立30年だと皆、自分たちは完成品であり、ベンチャーの真似事などしない、とか思っているんじゃないですかね。

 

良かったことを書いておきますと、若い世代の活躍。

これは素晴らしかった。

 

自分は若い頃、堺屋太一の組織の盛衰という本を読んで、日本企業のルーティン優先、リスク回避主義の中で夢を潰すのは嫌だと、親方日の丸企業を辞めて、ベンチャー企業への転職の道を選びました。人と違っていて叩かれるなら、人と同じ方向をいつも向いているほうがよい、そういう選択をする仲間が多い中、自分は違いました。考え方など、人の数と同じだけあるとは思いますが、私はC&S技術統括部は若い人が夢を実現させることができる場所にしたい、そう思います。

 

まあ、すべてではありませんが、良いこともいくつかあったので、現状をそれほどネガティブには見ていません。私は時に部内の指導役をすることがありますが、やはり一生懸命吸収しようとしている若手には一層熱くなる。活力、気力が彷徨っているような雰囲気の中、吸収しようと頑張っている人を見るというのは、嬉しいことで、自分の活力となってくれるわけです。

 

心新たに、といいますか、会計年度から言いますと、最終コーナーを回って最後のストレッチに向かう、年末年始休暇など、その前の束の間の休息でしかありません。例年、仕事始めの日はドワーッと問い合わせメールや海外ベンダからのメールが集中するでしょうから、そこそこ心の準備をしておかないといけませんね。来期の計画の話も具体的になってきますので、いきなりアクセルが踏めるよう・・・

 

・・・ゴボッ、ゴホッ・・・

明日の朝までに治ってくれればよいのですが。

 

ということで、本年も頑張ります。